スタッフブログ

年の瀬

2016年12月28日

 「年の瀬」とは1年で最後の1番忙しい年末の時期を呼ぶようになったと

言われています。

 江戸時代は庶民にとっては年を越えるのも一苦労であったため、

これを越えなければ死が待っている川の瀬に喩えているということです。

 江戸時代はツケ払いが殆どだったようで、

お金が入った時に纏めて払うということが普通でした。

そのため、年内には未払いを清算しないといけない、

ツケを年内に払ってまっさらな状態で新年を迎えたいので、

たまった支払いを行う困難さを川の瀬に例えて表したそうです。

 自分も公私共々凄惨、いや清算して新たな気分で新年を迎えたいと

思います。

カテゴリー