スタッフブログ

一本締めと三本締めの違い

2017年12月05日

この時期から年末にかけて忘年会などの席が多くなる季節ですが宴会の最後に締めとして行われる「手締め」ってありますよね。これは日本独特の風習ですが、手締めを行うと、気持ちよく宴会を締めることができます。

では、一本締めと三本締めにはどういう違いがあるのでしょうか。

一本締めは、3回、3回、3回、1回、手を叩きます。

これは、3が3回で9(九)になり、そこに1を足すことで丸になる、つまり丸くおさまるという事だそうです。

三本締めは、一本締めを三度行います。

これは舞台の終演時などに舞台上から役者さんが上手、下手、真ん中にそれぞれ挨拶をすることを、「三方礼」といい、全ての人に礼を尽くすという意味で使われます。三本締めの3回は、この三方礼が由来となっているそうです。

なお、3回それぞれに意味があり、1回目はその会の主催者、2回目は来賓や来客、3回目はその会自体、または主席出来なかった人向けたものだそうです。

三本締めは正式な手締めですので、結婚式などのフォーマルな席や、公式行事などで行われることが多いようです。

カテゴリー