社長ブログ

豊洲市場は本当に必要なのか?

2017年01月23日

毎年、築地市場への水産物入荷量は減り続けている。最も多かった1987年に比べると49.7%減!約半分に減少している。その要因としては消費者の魚離れや市場外の流通網の増加!先日、テレビで見たが、「羽田市場」の様な漁師と直接契約、その日に水揚げされた魚が流通を通さずにお店に出される。流通革命!今後この様な流通カットが益々増えて来ると思う。生産者と消費者を直接結ぶ!この様に毎年築地への入荷が減り続ける中あれ程の大規模な豊洲市場は必要なのか?素人でも判断ができると思うが?一番は築地の大規模な土地は都内にはそうそうないので都が土地の有効活用が目当てだったと思う。あれだけの税金を投下して造った豊洲市場!歴代の都知事の責任は重大だと思う。

カテゴリー