社長ブログ

豊洲は誰のものか?

2017年01月25日

汚染問題で揺れている豊洲市場。今度は開業しても年間100億円の赤字だそうです。年間の維持管理費は現状の築地では15億円。豊洲に移転した場合76億円と築地の五倍の費用が発生する。また、市場で働く都職員の人件費、設備費、減価償却費などを含めた豊洲の総経費は170億円に上る。一方、業者から徴収する使用料などの収入は70億円程度にとどまり、単純計算で年間100億円規模の赤字になる。この赤字は誰が埋めるのか?もちろん都民の血税です。これだけではありません。移転できない業者に対する補修費も有ります。なんで小学生でも分りそうな算数を都は進めてしまったのか?進も地獄、戻るも地獄。既に5800億円を投じているのに開業しても赤字とは?なんなのですか?あの豊洲市場は?歴代の都知事、当時の幹部は賠償問題ものです。小池さんに頑張ってもらいはっきり白黒つけて頂きましょう。歴代の都知事の財産すべて没収位でないと納まりつきませんよ!

カテゴリー