社長ブログ

危機管理

2017年06月27日

エアバックなどの自動車の安全部品で世界的なメーカーのタカタ。急成長の陰に慢心が潜んでいた。これは大なり小なり対岸の火事ではない。お客様のクレーム、要望に対しきちんと手を打たぬまま経営が進めば経営は悪化する。タカタも早い段階で社長が陣頭指揮を取りきちんと対応にあたっていればこの様な事態は防げたかもしれない。どのような小さな問題でも早い内にトップが手を打つことの重要性を教えてくれたような気がする。順調な時ほど安全運転。自らの安全に無頓着な社長は会社を潰す。改めて身が引き締まる思いだ。

カテゴリー