社長ブログ

極刑を望む

2018年06月08日

こんな悲しい文章が有るだろうか?「きょうよりあしたはできるようにするから もうおねがい うるして よるしてください」。まだ小学校に上がる前の船戸結愛ちゃんがひらがなで必死に綴っていた。お願いの相手は本来なら自分を愛してくれる両親だ。十分な食事を与えられず、暴行を受け、肺炎にかかって死亡した。放置していた両親は保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された。なぜこのような事件が繰り返されるのか?児相も全く機能していない。警察との連携は?もっともっと児相に強い権限を持たせ怪しきは疑うべし!の考えで踏み込まないとこの様な事件は防げないと思う。この両親?もはや人間ではない!人間に慣れなかった悪魔だ。結愛ちゃんの無念さを思うと心が痛む!結愛ちゃんにしたことと同様な思いをさせ極刑にすべきだ!鬼平なら打ち首獄門!二人に相応しい死に方だと思う。何とか成仏して頂き次回生まれ変わって来る時は幸せな人生を送って頂きたい。

カテゴリー