社長ブログ

庶民には高根の花

2018年06月25日

土用の丑の日!今年は食べられるかな?鰻をめぐる環境は年を追う事に厳しさを増している。稚魚は昨年より三割減。親鰻の価格も五割ほど高くなっている。東京下町の某鰻屋さんでは松が4000円、都心では5000円超え!これでは庶民には手が出ない。昔はどこの川でも獲れた鰻も環境の変化に減少するばかり。スルメもサンマもカツオも不漁!魚食の文化は曲がり角に来ているような気がする。旬が来るたび、「手が出ない」「高いね~」の声ばかり!仕方ない!釣って来るしかないかな~(笑い・・・)

カテゴリー