社長ブログ

根拠のある見積りを

2016年02月17日

最近、見積書をチャックしてますと、根拠のない項目が散見されます。担当に聞きますと、前からそうでした。先輩からそう教わりましたと言い訳にもならない返事が返ってきます。お客様も毎年組織も変わるし考え方も変わります。それなのに当社担当者だけは、前からそうでした?お客様より指摘されても説明が出来ない。そんな説明も出来ないような項目を入れるべきではないと思います。前からではなく、現状がどうかで判断すべきです。なんでもかんでも交換ではなく、外観で判断するのではなく、外してみたり、締め直してみたり、少しやってみてそれでもダメな時は交換する。これだけやっても駄目だと言う根拠を作るべきだと思います。根拠のない項目は信用も落とします。通ればラッキーみたいな見積書は作るべきではありません。

 

カテゴリー