社長ブログ

鮮魚店にプロはおらず

2018年09月18日

九月も半ば過ぎ三陸沖には脂の乗った戻りガツオが豊漁だと聞くがスーパーの店頭にカツオの刺身は並んでいない。店員に聞くとアニサキスによる食中毒が続いたことが原因だと言うが?この素人めと思った。アキサキスはもともと魚の内臓に居て魚の死後24時間経過すると内臓から出てきて身の方に移動する。アニサキスも生きようと言う本能が働くらしい。だとすれば、24時間以内に内臓、鰓を取ってしまえばアニサキスは身にはいない事になる。仮にいたとしてもプロなら分かるはずだ!それを、半端な芸能人が半端な店で食べたカツオでアキサキス食中毒になったと報道するやすべてのカツオがアニサキスに注意とか?ど素人が余計な事言ってんじゃねぇよ!先日、カツオを釣ってその場で内臓、鰓を取りクーラーで保存し3日後に下しましたが身にアニサキスは確認できず刺身で食べましたが本当に美味しいカツオでした。最近、飲食店でも鮮魚店でもプロの「目利き」が消えてしまった。今が旬で本当に美味しいカツオを食べないなんてもったいない事です。小生はガンガン食べますけどね!

 

カテゴリー