社長ブログ

さんまの安定供給?

2019年03月13日

不漁が続いている北太平洋のさんま漁を通年可能にするそうです。現在は8~12月に制限しているそうですが中国や台湾などの外国の漁船が5~7月に沖合でさんまを獲り続けており、日本の漁獲量減少の一因になっている。通年操業によりさんまを安定供給を目指すのが狙いだそうです。今まで日本のさんま漁は近海圏に来遊する魚を狙って8月から操業をしていたがそれでは遅いと言う事ですね?ともあれ、さんまが安価で食べられることは庶民にとっても喜ばしい事ですね。

カテゴリー