こんなところにも淘汰の波

ここ数年は高級食パンがけん引し、空前のパンブームとなった。一方、こうした裏側では、同業間の競争激化により売上げ不振に陥る業者も少なくない。加えて薄利多売のビジネスかつ原料、人件費の高騰や食品ロスで採算が悪化。特に家族経営の業者は後継者問題や店主の病気、体調不良、重労働などによる人手不足も重なり18年度比19年度は2倍の倒産となり過去最多となった。パン業界も持続可能なビジネスモデルを造らないと生き残れない時代になってきた。弊社も対岸の火事ではない。常にお客様より選ばれる会社で在り続けなければならない。