東日本大震災から9年

政府の無駄!東日本大震災は直接の被害額16兆円に対し復興予算は10年間で32兆円に上る。その四割がインフラ整備だが、かさ上げした土地に目立つ空き地を見ると自治体の復興計画の見通しの甘さがある。復興道路と称して三陸横断道路もGWやお盆と正月以外走る車は地元人がほとんどで本当に必要だったのか?人口減少や半数の住民も取らない、高齢化の問題もある。これだけの予算をつぎ込んだ意義はどこにあったのか?無駄な公共投資にしか見えない。これほどの無駄な予算があるのであれば、劣悪な環境で今なお苦しんでいる被災者の皆さんに手を差し伸べるべきではないのか?この32兆円が本当に復興の為だけに使われたのかも疑問?復興の名の下に無駄な公共工事を行った可能性は否めない。もう少し被災者の気持ちに沿っての復興計画を行って頂きたい。