中小企業資金繰り悪化

中小企業の資金難が深刻な状態に陥っている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、特に飲食業、観光業でキャンセルが相次ぎ売上が大幅に落ち込んでいる。政府も日銀も支援体制を強化しているがすべてに行き渡るのは難しい。それは、新型コロナウイルス前から経営が厳しくすでに借り入れが多いため「これ以上お貸しできません」と銀行から融資を断られる。政府や日銀は貸せと言うが貸し倒れの責任は銀行が負うことになる。残酷かもしれないが、延命処置をするのが良いのか?返せないところにお金を貸しても元々のビジネスモデルが成り立っていないのだから返済は無理だと思う。幾ら、無利子無担保と言っても返済はできない。言葉は悪いが「どぶに金を捨てるようなものだ」。そもそも、インバウンド頼みのビジネスモデルでは成り立つわけがない。もう少しグローバルな視野を持ちインバウンドに頼らなくとも成り立つビジネスモデルを考えるべきだ。