コロナの後勝つもの

コロナ危機は人の無駄な動きを気付かせる機会になった。従業員や顧客の安全確保と言う新たな制約にいち早く対応しながら生産性を高める。そんな企業がコロナ後の競争を制す。コロナ後は世界も日本も働き方が激変する。今までは人手不足と言っていたが、人からIT、AI、ICT、IOTなどに仕事が変わり単純な仕事ほど人がいらなくなる。努力をしないものは自然に淘汰される。今以上に格差社会が進行する。それを勝ち抜くには自らの生産性やスキルを上げるしかない。