冬が来る前に

コロナ感染が拡大している中心配事がある。それは冬の到来だ。依然とPCR検査数が少ない中若者の無症状感染が拡大している。「日本人はファクターXがあるとして行動制限を批判する人も居るそうだ」しかし、ひとたびかからればインフルエンザとは比較にならないぐらい医療側に負担をかける。やはり、ワクチンが整うまで、できる限り多くの人が「だれでも、いつでも、何回でも」検査を受けられる体制をつくるべきだ。今年の冬はコロナの次なる波と季節性インフルエンザの双方と向き合わなければならない。備えあれば憂いなし。政府は具体的な方向性を示していない。だとすれば、自分の身は自分で守るしかない。国民は政府に対してもっと怒るべきだ。