コロナ沈静化後

この先、コロナの事態が沈静化していく中で、コロナ禍で大きな打撃を受けた業種では、企業の優劣がより明確になる。消費者に選ばれる企業は、売上が戻る一方、選ばれない企業は倒産や廃業などを迫られる。企業が生き残れるは否かは、顧客の判断に委ねられる。これは時代の流れによって仕方のないことだと思う。ただ、ゾンビ企業を温存させても中小企業の再編は進まない。しかし、後継者不足により優良な中小企業が廃業に追い込まれることは避けなければならない。その辺りの支援策を菅政権には期待したい。