コロナ禍でのお店の工夫

ダイナミックプライシング。コロナ禍で直撃を受けているお店には時間帯や時期により大きな繁閑がある。混雑時には値上げし、すいているときは安くする。価格操作で利用を分散・平準化すれば3蜜を抑え感染リスクも軽減できる。混雑時の値上げは厳しいかもしれないが工夫は必要だ。あるいは客が少ない時間帯または曜日により料金を下げたり、天候具合で料金を変えたりも良いと思う。客が来ないと嘆いてばかりではなく料金設定次第でお客もハッピー、店もハッピーになる。