福島の処理水放出へ

政府は東京電力福島第一原子力発電所でたまっり続ける処理済み汚染水を、海に流す方針を固めた。浄化した処理水にも放射性物質のトリチウムが残る。トリチウムは水に似た物質で自然化にもあり、人体へ影響は比較的小さい。通常の原発からも出ており、各国で基準を設け安全に海に放出している。しかし、漁業関係者は風評被害が広がるのを恐れている。政府は丁寧に漁業関係者含め各国に基準を設けて放出することを根気よく説明する責任がある。まずは政府が放出後福島沖で獲れた魚を政府の安全マークのような証明書を発行し豊洲市場に出してはどうか?政府のお墨付きなら各国も消費者も納得するのではないか?それもしないで安全ですと言われても説得力がないのではないかと小生は思う。