油断するな・・・・・

100年前、歌人で医師の斎藤茂吉はスペイン風邪にかかって死にかけた。長崎の医学専門学校に就任しており、東京から来た親族と観光や外食をした後の事だ。はやり風邪を良く知る医者でも自分もかかるという意識が薄かったのか。ウイルスは人によって広がる。「自分ごと」ととらえる覚悟が改めて問われる。自分は大丈夫?の油断は禁物だ。