マスクをしていても・・・・

理研、スーパーコンピューター富岳でマスクガードの形状による飛沫防止の効果をシュミレーションした。顎から鼻を覆うおわん型が最も性能が良くそれでも34%が飛沫・飛散した。同じ範囲を覆う通常型タイプは50%、口元のみを覆うタイプは65%が飛散した。要は付けないよりは付けた方が良いが室内空間では会話は必要最小限度にしないとマスクを付けても感染のリスクがあると言うことだ。ただ、換気効率を向上させ、湿度を上げることが最も効果的との指摘もある。