つけ込む闇サイト

新型コロナウイルスのワクチンのワクチン使用が初めて承認された数日後、インターネットの闇サイトでワクチンが販売されていた。いわゆるダークウェブ上でワクチンが26000円で売られている。中国の製薬会社が開発したワクチンを二回分で75000円。しかし、ダークウェブ上で売られているワクチンの多くは偽物か、注文しても送られてこない。また、ワクチンが盗まれ闇サイトで流れる可能性もある。基礎疾患の有効な証明書まで売られている。くれぐれも皆さんは闇サイトにご注意ください。