横浜マンション傾斜事件

こんにちは。
ちまたでは、大手不動産会社が販売した横浜のマンションの傾斜事件の問題が勃発しております。
記憶にも新しい、姉歯一級建築士の構造偽装事件もありましたね、久々の建築業界での大事件です。
姉歯事件の時も大変でした、こぞって竣工したマンションの構造計算をチェックしろだ、やれ構造計算書は無い、
引渡し時にもらってない、設計した設計事務所が倒産していて解らないなど、デベロッパーは大変な思いをしてオーナーへの説明に奔走したのを思い出しました。
所有者であるオーナー様にとっては一大事です、、あの時も大変な思いをされていました。(泣)

img_1

今回の事件も被害者はオーナーである区分所有者です。
またもやこれから大変な思いをされることと想定いたします。
また、私的には販売元不動産会社と施工会社(ゼネコン)もかわいそうだなと思ってしまいます。
勿論、元施工会社の責任は逃れられません、しかし元現場監督の立場から意見すれば、まさかこんな大手基礎工事会社が、データの改ざんをしているとは思いませよね。
杭工事は責任施工で杭施工会社が請負ます、基礎工事の大切さをどこよりも理解していなければならない大手建材メーカーで、このようなことをしているのであれば、問題です。
日本の職人魂はどこにいったのでしょう!担当者は基礎工事を本当に理解していたのでしょうか、マニュアル通りの若い技術者だったのでしょうか、疑問は残るばかりです。
いずれにしても、二度とこのようなことが起こらないよう、法規制も図られるかもしれませんが、業界にとって襟を正して足元を見る機会にはなります。
衣食住の住を担う、私たちも大なり小なり細かいところまでプライドを持ち、魂の工事を職人さんと一緒になって行って生きたいと思います。