防災の日

本日9月1日は防災の日です。

9月1日が防災の日に制定されたのは、1923年に大被害をもたらした
「関東大震災」の由来しています。
また、古くから伝わっている「二百十日」も9月1日が選ばれた由来とされています。
二百十日とは、立春から数えて210日目の日を指し、現在の暦では9月1日前後とのことです。
この時期は台風が襲来し、稲作などが被害を受けやすい厄日とされていました。
59年の伊勢湾台風という明治以降に襲来した台風の中で最も多い犠牲者を出した台風が制定の決め手となったそうです。

9月1日を含む1週間は防災週間とされており、
防災グッズの見直しや対策の強化などしてみてはいかがでしょうか。